全国のアニソンバー・アニメバー等、漫画、特撮、ゲーム、アニメなどがコンセプトのBAR、居酒屋をまとめたポータルサイト

日本最古級のアニソンカラオケバー、特撮アニソン玄人バーるちゃ(池袋)



シェアする

まだ日本にアニソンバーというジャンルの店が数軒しかなかった時代から営業を続ける老舗、特撮アニソン玄人バーるちゃ。

2008年にアニソンカラオケバーとして新規営業を開始したとのことで、文句なしに日本最古級のアニソンカラオケバーである。その謎に包まれた実態を調査するべく、今回潜入することにした。

るちゃまでの道のり

東京は池袋の西口から歩いて10分強。駅からやや遠い上に道が分かりづらく、迷って電話で聞くお客さんもいると聞く。迷ってしまわないために、ここでるちゃへの道のりを確認しておこう。

池袋の西口からの道順

池袋駅の西口を出て、マルイの交差点を右折。劇場通りをしばらく直進し、ファミリーマートを左折。またしばらく歩いた先にある。こちらの道順案内(※mixi日記)を参考にされたい。

看板がない

あろうことか、るちゃには看板がない。これがるちゃを訪れようとする人に対する最大級の試練である。しかもマンションの一室にあるため、知っていないとたどり着けないのではなかろうか。下記の写真を参考に訪れてもらいたい。なお、るちゃは下記の建物の2階にある。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

扉を開けづらい

建物の中はひっそりとした雰囲気で、やや薄暗い。そしてこの扉である。「玄人」の文字がATフィールドの如く人を撥ねつけようとしている。率直な感想として、とても開けづらい。幸いなことに、中から談笑する声が聞こえてきたので、勇気をもって扉を開けることにした。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

るちゃとはどのような店か?

店内は落ち着いた照明とジャズアレンジのアニソンBGM。オーセンティックバーのような雰囲気である。一般的なアニソンバーとはまるで雰囲気が異なる。いわゆる普通のバーで、中身がアニソン専門というコンセプトなのだろう。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

▲ウイスキーフロート。きれいにウイスキーの層がフロートしているのが見てとれる。

時間制料金

料金は時間制で飲み放題、歌い放題。注文するお酒の種類によって別途料金がかかったり、かからなかったり。2018年8月現在の料金体系は1時間2,000円である。また池袋エリアでは珍しく深夜まで営業していることも特徴である。

mixiで割引

今となってはSNSとして下火かもしれないmixiが、店からの情報発信の中心であることが特徴だ。mixiの「るちゃ」コミュニティにある「俺参上!」というトピックに書き込みをすることで割引を受けられるユニークなサービスがある。なお最近では、twitterでも同じようなサービスがあるそうだ。

アニソン・特ソンに限定

アニメや特撮に関連する楽曲のみ歌える、という純アニソンカラオケバーである。

多くのアニソンバーで歌うことができるであろう声優のアニメノンタイアップ曲や、ボーカロイド楽曲は、るちゃで歌うことはできないとのこと。おそらく全国でもトップクラスで楽曲の制限が厳しい玄人仕様である。ただしこれは0時までの話で、0時以降はなんでも歌ってよいらしい。日によっては歌える曲が多くなることもあるそうなので、mixiやお店のTwitterをチェックされたい。

お酒がおいしい

前評判で耳にすることは、カクテルの種類がたくさんあり、どれもがおいしいということ。その腕前を披露していただいた。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

ヘミングウェイダイキリはラムベースでフローズン・スタイルのカクテルだ。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

鮮やかな色合いのプース・カフェスタイル。

特撮アニソン玄人バーるちゃ

インスタ映え間違いなしのスプリング・カフェ。

カクテルの種類は100種類以上あるそうなので、お酒が好きな方はぜひ堪能いただきたい。また、ノンアルコールカクテルもできるということなので、お酒が苦手な人もバーという雰囲気を楽しむことができる。

日本最古級のアニソンカラオケバーるちゃの秘密に包まれたベールをくぐってみたが、思ったより普通のバーという印象を受けた。ガールズバーやコンセプトバーに行き慣れているものの、いわゆる普通のバーに行ったことがない、という人におススメできる店なのかもしれない。

紹介したオタクバーの店舗情報

Tranlate