日本全国のアニソンバー・アニメバー等、漫画、特撮、ゲーム、アニメなどがコンセプトのオタクBAR、居酒屋をまとめたポータルサイト

【佐賀】佐賀県でアニソンバー巡り、それはオタクバー好きのサガ



シェアする

佐賀県。九州北西部に位置する失礼ながらマイナーな県である。

近年は「ユーリ!!! on ICE」や「ゾンビランドサガ」のヒットを受けて、アニメの聖地として急成長している。調査員の知人もユーリ!!! on ICEにドハマりし、佐賀県唐津市に足しげく通っていた。今後も聖地巡礼と称して佐賀県を訪れる人は増えていくことだろう。なお2019年6月現在で佐賀県を舞台とした主なアニメ作品は前述の2つしかない

今回おたくば!調査員が訪れたのはJR佐賀駅。福岡県は博多駅から、特急電車で約40分ほどだ。

JR佐賀駅

まず腹ごしらえから

佐賀県は美味しいものが揃っている。アニソンバーを堪能する前に、佐賀県のグルメを味わおう。

佐賀牛焼きしゃぶランチ

焼肉華守KIWAMI

佐賀駅から歩いて5分程度で行ける焼肉華守KIWAMI佐賀牛焼きしゃぶランチは、980円というお手頃価格で佐賀牛の肉の味を心ゆくまで味わうことができる。焼きしゃぶとは、しゃぶしゃぶ肉のように薄い肉を、焼肉の網でさっと焼いて食べるものだ。輝くばかりの薄肉は口に入れた瞬間に溶けてしまうかのようで、それでいてじんわりと深い肉の旨味が追いかけてくる。コストパフォーマンス高すぎ君である。

イカのお造り

夜は居酒屋、繁華街に行く途中の産地直送仲買人直営店KURAにていただく。イカのお造りは言うまでもなく美味。食べた後はてんぷらにしてもらえる。

佐賀のイカ

有明海の幸

他の地域では見ることの少ない有明海の幸がずらりとメニューに並ぶ。名前だけ見てもどんな魚なのかさっぱり見当がつかない。

有明海の幸

目に留まったワラスボをいただくことにした。炙りはお酒のお友達として有能 of 有能。

ワラスボ炙り

佐賀県の美味しいものをしっかりと堪能した後は、本題である佐賀県のアニソンバーを紹介しよう。

アニソンカフェ&バー・ゆーす

ゆーすは、佐賀県初のアニソンカフェバーである。

アニソンカフェ&バー・ゆーす

靴を脱いで上がるスタイル

ゆーすは、靴を脱いで上がるスタイルのアニソンカフェバーだ。友達の家に遊びに行ったような錯覚を受ける。お店の中にはこたつもあり、アットホームな雰囲気がたまらない。調査員が訪れた日は雨が降っており、外はとても寒かった。ゆーすに入った瞬間に心がぽかぽかして安心できる空間であると分かってしまった。最高じゃないか。

アニソンカフェ&バー・ゆーす

ただし、足が臭ってしまわないように事前にケアをしておくべきだろう。エチケットは何事にも優先する

カウンターでスタッフとお話

コスプレしたスタッフ(普段はメイド姿であるとのこと)とのコミュニケーションが楽しみの一つだ。県外から訪れる人も多いとのこと。

アニソンカフェ&バーゆーす

「なんで佐賀の、しかも佐賀駅なんかに来たんですか?」と聞かれたことが印象的だ。キラキラした眼を前にして、アニソンバーを巡るため、とは言えなかった。

ゾンビランドサガ人気!

ゾンビランドサガに登場するユニットの名を冠したドリンクメニューのお知らせもあるように、ゾンビランドサガはここでも大人気だ。ゆーすは地元のテレビ局にゾンビランドサガ好きが集まるBARとして紹介されている。

アニソンカフェ&バーゆーす

料金は最初の1時間が男性2,500円、女性1,500円、以降は1時間あたり500円/300円チャージで飲み物は別料金。カラオケもあり歌い放題だ。非常に居心地のよい空間であり、スタッフにもお客さんにも愛されているお店である。

anisong.jp

あにそんじぇいぴー通称は「あにじぇぴ」という。

anisong.jp(佐賀)

靴は脱いでいくスタイル

アニソンカフェ&バーゆーすと同じく、こちらも靴を脱いで上がるスタイル。二重扉になるため、店内の音はほとんど外に漏れない。

anisong.jp(佐賀)

カフェに近いバー

カウンターに掲げられたフードメニューの豊富さ。お腹が減っても安心である。

anisong.jp(佐賀)

日替わりのスイーツは、おススメのメニューである。

anisong.jp(佐賀)

ケーキとコーヒーの合うことこの上なし!

アニメバー+DJバー

あにじぇぴにはカラオケは無い。トーク主体のお店であるが、たまにDJイベントが開催されるという。サブカルチャー好きが集まる空間という色合いが強く、店内はとにかく広い。

anisong.jp(佐賀)

ロフト席にはこたつが確認できる。こたつ付きのアニソンバーは佐賀の名物なのか?

料金は1時間1,500円で1ドリンク付き。フードメニューは別料金である。ソファ席やこたつ席など、くつろげる空間が意識された店内であり、長時間滞在してしまいたくなる。次回はじっくりと腰を落ち着けて訪れたいものである。

2.5次元カフェ レイヤーズ

2.5次元カフェレイヤーズは、アニソンバーである。

2.5次元カフェ レイヤーズ(佐賀)

ビルの表にレイヤーズのロゴが照らされていることが開店の証。

2.5次元カフェ レイヤーズ(佐賀)

なお同じビルにはアミューズメントバーダンジョンも入っている。

コスプレイヤーの集会所

アニソンバーである、と紹介しておいて何であるが、コスプレイヤーの集会所といった方が雰囲気としては正しいと思う。店長自らもコスプレイヤーであり、なかなか味の濃いタイプの面白い人だ。地域のコスプレイヤーがスタッフを務め、またお客さんもコスプレを趣味にする方が多いとのこと。それ以外のオタクのお客さんももちろんやってくる。

2.5次元カフェ レイヤーズ(佐賀)

飲み放題、歌い放題

レイヤーズの特徴は料金体系が飲み放題歌い放題であること。

2.5次元カフェ レイヤーズ(佐賀)

飲み放題料金でいえば、佐賀地域では最もコストパフォーマンス高く遊べるお店である。営業時間は他店と似たような感じであるが、平日でも若干遅くまで営業している。

2.5次元カフェ レイヤーズ(佐賀)

ここでも「唐津とかには行かなかったんですか?」「何故また佐賀なんかに?」と、自虐するかのような質問を受けたことが印象的である。

佐賀県のアニソンバーは、JR佐賀駅に集中している。JR佐賀駅が最寄り駅となるが、繁華街は駅から少し離れた場所にある。徒歩で15~20分ほど離れた地域に繁華街があり、その周辺に点在する形だ。お店間は5~10分程度ではしごできる。

帰りのタクシーの中で運転手さんが言っていた言葉も印象的だ。「どうして佐賀なんかに来たんです?何もないのに。」佐賀の人は皆、会う人会う人が地元を愛する心を裏腹に自虐ネタをぶっこんでこられる。それほど佐賀に何もないのかというと、まあ実際何もないといえば何もなかったんですが、ご飯はおいしいし、オタクバーは楽しい。機会があればまた訪れたいものである。

紹介したオタクバーの店舗情報

Tranlate