全国のアニソンバー・アニメバー等、漫画、特撮、ゲーム、アニメなどがコンセプトのBAR、居酒屋をまとめたポータルサイト

【北海道・すすきの】新時代のアニメコスプレバー、akibar、E Rapcell、Lienをはしご調査



シェアする

札幌・すすきののオタクバーのメニューには「当店はニュークラやキャバクラではありません」と注意書きが記載されている。

ニュークラが他の地域でいうキャバクラ、キャバクラは他の地域でいうセクキャバというものらしい。キャストがお客様の隣に座っての接客ではなく、いわゆるガールズバースタイルの、カウンター越しの接客となる。訪れた北海道のオタクバーのほとんどがガールズバースタイルであった。

今回はすすきのオタクバーの中でも新しい方の3つの店舗を紹介したい。いずれも2017年にオープンした新しいお店であり、コスプレスタッフが在籍する新時代のアニメコスプレバーである。

あにこすばーakibar

2017年5月オープンの、アニメキャラのコスプレをしたキャストが接客してくれるお店。

節電営業中でした

超電導まぁぶるらんどとは隣のビルだが同じフロアにあり、ビル内でつながっている。雨に濡れずに移動できることも良いポイントだ。

訪れたときは地震の影響による節電営業中で、看板の電気を消していた。

あにこすばーakibar

カラオケとトークで盛り上がろう

akibarはカラオケが設置してありアニソン、特ソン、ボーカロイド推奨で歌い放題となっている。メイド喫茶出身のキャストの皆さんはコミュニケーション力豊かで、あっという間に時間が過ぎてしまった。

あにこすばーakibar

近隣店舗とも仲良し

すすきのでおススメのアニソンバーはありますか?と尋ねたところ、マジョリカを紹介された。最推しが在籍しているから、というのが理由である。このように近隣の店舗との交流は盛んで店員同士の行き来も多く、すすきの地域は全体的にオタクバーが盛り上がっているのである。

あにこすばーakibar

Dining Cosplayers Bar E Rapcell

2017年11月オープンの、アニメのキャラコスプレをしたキャストが接客してくれるアニメコスプレダイニングバー。あにこすばーakibarと同じビルにあるので、エレベーターもしくは階段で降りて行こう。

ダイニングバー×アニメコスプレバー

E Rapcellはアニメコスプレバーであるが、ダイニングバーとしてフードメニューが充実している。

Dining Cosplayers Bar E Rapcell

訪れた日はフードメニューを頼まなかったという痛恨のミスを犯してしまっていたため、写真がないことが悔やまれる。E RapcellのTwitterには美味しそうなフードの写真も載せられているので参考にしていただきたい。

おしゃれな内装

E Rapcellの内装は、他のアニソンバー等とは少し趣を異にしたおしゃれなものだ。

Dining Cosplayers Bar E Rapcell

店内はおとぎ話の世界のよう。

Dining Cosplayers Bar E Rapcell

かわいらしいグッズが並ぶカウンター。

E Rapcellで働き始めて1か月程度というキャストさんは、もともとコスプレに興味はあったが始めるきっかけがなく、また一緒にやる友達も周囲に居なかったが、コスプレキャストとして働くことで学びながら覚えてしまおうと思い立ち、E Rapcellで働くことを決めたそうだ。もうすぐプライベートでもコスプレイベントデビューをされるという。

オタクバーが人生の幅を広げた一例であろう。Хорошо!(素晴らしい)

Stylish Cosplayers Bar Lien

2017年4月オープン。コスプレキャストが接客してくれるスタイリッシュなバー。Lienは「リアン」と読む。

スタイリッシュなお店

1Fミスタードーナツが目印の、第3グリーンビルにあるスタイリッシュなお店。今回訪れた中では最もバーらしいと感じました。

Stylish Cosplayers Bar Lien

看板もスタイリッシュ。

Stylish Cosplayers Bar Lien

手書きのメッセージもスタイリッシュ。

店内もスタイリッシュなのですが、残念なことに店内の写真をうっかり忘れました。

飲み物メニューが豊富

Lienは他のオタクバーと比較してドリンクの種類が豊富である。またお酒以外になるが持ち込みや出前もOKで、様々な楽しみ方があるといえよう。

キャストへのドリンク半額のパリピデーが毎週開催されているなど、飲んで楽しいお店という印象である。

すすきのには魅力的なお店がたくさんある。ビル内を移動する途中に見かけたこちらのお店から得も言われぬ吸引力を感じ、誘われるがまま入店してしまいそうになるのをどうにか抑えてオタクバーを訪問したのである。

もうね、こういうお店大好き。

昭和歌謡バー ザ・ベストテン

紹介したオタクバーの店舗情報

Tranlate