全国のアニソンBARや、漫画、特撮、ゲーム、アニメなどがコンセプトのBAR、居酒屋をまとめたポータルサイト

ハイタッチから始まるアニソンバーりんくるカフェ生活【八王子】



シェアする

とある噂を耳にしました。「りんくるカフェは盛り上げ系のアニソンバーでも最上位」であると。アニソンバー好きとして一度は見てみる必要があると思い、検証を兼ねて行ってきました!

りんくるカフェとは?

松本、長野、新潟、八王子の4店舗を展開するアニソンカフェバー。系列にこねくとカフェという店舗もあり、こちらは浜松、静岡の2店舗があります。都内から最も近いのが、りんくるカフェ八王子店です。

八王子駅からの道のり

午前0時。冬の八王子の寒さは身に染みます。地図で位置を確認しておきましょう。駅からは歩いて10分程度のところにあるようです。りんくるカフェ八王子ストリートビュー

車で行っても大丈夫

八王子は都内でも車社会です。駅前に駐車場が豊富にあります。店の裏手にも駐車場があるので、車で行っても安心です。

お店の入り口

看板を目印に、入口は地下にあります。

りんくるカフェ看板

店内の雰囲気

入店するとソファ席に案内されました。カウンター席は5席程度でしょうか。ソファは10人以上がゆったりと座れる印象。これは広い。アニソンカラオケバーとしては、都内で最も広いでしょう。

ステージがある

入店したタイミングではお客さんがステージで歌っていました。どうやらステージで歌うことが推奨されるお店のようです。

中央に広場?

ステージとカウンター席とソファ席に囲まれる形で店の中央に広場のようなスペースがあります。いくら広いとはいえ、このような無駄なスペースがあることに違和感を覚えましたが、すぐに理由がわかりました。ここは盛り上がるために必要なスペースなのです。

一人一タンバリン

席に着くと飲み物を注文する前に、タンバリンを渡されました。どうやらここでは、客側もタンバリンを鳴らすルールのようです。タンバリンを見るとすごく使い込まれています。よく壊れてしまうのだとか。いったいどのような盛り上げが行われているのでしょうか。

話題の盛り上げを体験

噂の盛り上げとはどういうものなのか、実際に体験してきました。

声を上げろ!腕を挙げろ!魂で歌え!

曲がかかると中央の広場に店員さんが集まります。そして盛り上げる。りんくるカフェの盛り上げは、とにかく動く、声を出す、心から楽しむ。ステージ前はライブ会場のような盛り上がりをみせていました。客席も負けていられないので、支給されたタンバリンをリズムに乗せて鳴らします!

踊りやコールも万全だ!

曲によっては振付があったりコールがあったりするもの。もちろん対応は万全です。店員さんがちゃんとコールしてくれます。何人かが歌っているのを見ましたが、それぞれに振付やコールをされていました。店員さんはアニソンに対してどれだけの知識量があるのでしょうか。

知らない歌でも盛り上げてくれる!

ここまで来たら歌わないと損です。筆者も歌います。1970年代のアニソンを歌いましたが、何の問題もなく同じように盛り上げていただきました。これは気持ちいい。盛り上げられると否応なくテンションがあがります。同じように歌っていても、普段と全く異なる空間が演出される。それがりんくるカフェの醍醐味でしょう。

終わった後はハイタッチ!

歌い終わったら店員さんとハイタッチ!お客さんともハイタッチ!一体感でハイタッチ!これは客席に居ても適用されます。強制的にテンションをあげられるというのは新鮮な体験でした。なお、事前に手などをアルコール除菌などで消毒しておくことをお勧めします。

常連さんとのコミュニケーション

りんくるカフェ八王子店によく来るというお客さんとお話しました。

喫煙所完備

りんくるカフェ八王子店のすごいところとして、喫煙所が完備されていることを挙げます。ちゃんと扉で仕切られて空気清浄機もあり、煙が外に漏れださないようになっています。煙草を吸う人にも吸わない人にも優しい配慮。そして喫煙所がある意味でセパレートされているので、常連さんとゆっくりお話しすることができたのです。

常連さんに聞く、りんくるカフェの魅力とは

たまたま喫煙所でお話しした常連さんは、都内他店アニソンバーによく行かれているそうで、アニソンバー談議に花を咲かせることができました。りんくるカフェの魅力はやはり、盛り上げの楽しさと仰っていました。確かに都内の他の店舗ではここまでの盛り上げを体感することができないと思います。そしてよくお店に来る客同士で仲良くなること、とも。だいたい深夜の午前2時ごろに閉店するそうで、八王子で午前2時に放り出されても空いている店は限られてしまいます。そこでお客さん同士でご飯を食べに行く、飲みに行くなどされるとのこと。常連同士でコミュニケーションを深めるというのも、バーの楽しみの一つでしょう。

まとめ

実際行ってみることで、噂通りの最強の盛り上げを体験することができました。広い店内や喫煙所など、都心部のアニソンバーではなかなか難しい設備もあります。りんくるカフェは都内では八王子しか店舗がありませんが、このクオリティをあちこちで楽しめるといいかもしれません。

紹介したオタクバーの店舗情報

Tranlate